これからのお金って、なんだろう?これからのお金って、なんだろう?

6日間で486名が来場した「活きのいいお金展」が一部内容を更新し、延長展示いたします。
キャッシュレス化や、年金問題、10月からは増税がスタートし、いま日本がお金に揺れている。

そんな折に、グラフィック、メディアアート、プロダクトなど、様々なバックグラウンドをもつ
17名のアートディレクターが、自身の考えるお金の課題(弱み)を発見し、
その解決策として作品を展示いたします。

毎日のように触れているお金を、どのように解釈し、どんな新たな一面を発見していくのか。
ぜひ、会場にてお楽しみください。

*会場では、お金のアイデアの価値を、お金で評価いただきたいと考え、来場者の方に「本物の1円玉」を投票券としてお渡しします。

弱みを握る寿司屋

世の中で話題性や鮮度の高いネタについて、課題(弱み)を握り、
デザインでの解決を目指すアートディレクター集団です。
いいネタが入りましたので、ぜひご賞味ください。
好きな言葉は「これ、ウマいね〜」

*本活動は、日本で唯一アートディレクションが学べる宣伝会議アートディレクター養成講座(ARTS)の19期卒業生によるものです。

Q. 弱みを握る寿司屋って?
A. 展示者のグループ名です。
日頃は企業で働いている17人のアートディレクターによる、プライベート活動です。
世の中の弱み(課題)をみつけて、デザインでの解決を目指しています。
毎回、寿司ネタのように、話題性や鮮度の高いテーマを選んでいます。

Q.活きのいいお金って?
A. 寿司屋というグループ名にちなんで、「活きのいいお金展」にしました。
日頃触れているお金を、新たな視点でとらえた、新鮮で活きのいいデザイン作品を展示しています。

Q.「続」って何?
A. 表参道で行った同展示が好評で、祐天寺での延長展示が決まりました。
内容を一部更新し、期間も9日間と長くなっています。

Q. 面白いところは?
A. 17名がそれぞれの視点で作品をつくっていて、見応えがあります。
来場者には1円玉を配って、好きな作品に投票してもらっています。
会場BGMも「思わず反応してしまうお金にまつわる音」を採用し、
来場者に楽しんでいただける工夫を凝らしています。

Q. SNSアップや写真はOK?
A. もちろんOKです。ぜひ広めてください。公式アカウントのフォローもお待ちしています。